風邪とインフルエンザの違い

これまでに一度もインフルエンザに罹ったことがないという方の多くは、初めてインフルエンザに感染した際に「普通の風邪かインフルエンザか」を判別するのが難しい場合があります。
理由としては、風邪の初期症状としても多い「発熱・頭痛・関節痛」などがインフルエンザにも起こる症状であることが言えるでしょう。

しかし、インフルエンザの場合ですと、その症状がとても強烈なものとなっており、例えば発熱に関しては急激に38度以上に跳ね上がり意識が朦朧として動くことさえままならぬ状態になることがあります。
その他にもカラダ全身の筋肉や関節にまで症状が起こることが一般的であり、この辺りの症状を突発的に併発しますので通常の風邪と明らかに違うということをお気づきになるはずです。

また、お子様に至ってはごく稀に急性脳症を伴うこともあり、高齢者の場合ですと免疫力の低下によって肺炎などを併発して重症化する場合がありますので、インフルエンザに感染・発症した際には速やかに医師の診察を受けるようにしましょう。

インフルエンザは普通の風邪薬では治療が困難なウイルス感染症ですので、いざという時のためにも常備薬としてインフルエンザ治療薬であるタミフルやリレンザ等をご自宅に置かれておくことも一つの対策と言えます。
ご家族の中で一人でもインフルエンザを発症しますと、周りの皆さんもウイルスを体内に取り込んでいる可能性が非常に高く、発症する可能性も同様にして高い状態となっておりますので、この場合はまだ発症していない方も病院で検査をするなどの早期治療を意識されることを推奨します。

先述したタミフルは異常行動等の副作用が報告され、ニュースで広く取り上げられておりますが、厚生労働省やその他専門研究機関ではタミフルが原因ではないという発表もされましたので、タミフル 副作用はさほど心配する必要もないと考えて良いでしょう。